さくらのリンク集

原料となるさくら葉は静岡県松崎町産


生産者の小泉さんと
ここで栽培されている桜葉の使用目的は桜餅用。桜餅の葉は、櫻の中でも伊豆の大島産のオオシマサクラが使われていますが、それは以外の品種では香りが出ないからです。
さくらの葉は、山の中にある小泉さんの畑で、種から栽培されている樹から採取されます。 種を蒔いて3~5年過ぎてから収獲をします。  
      
桜葉の収穫時期は、5月から8月まで、摘み取りは新らしい葉を1枚毎に手で取られます。
桜餅用の葉には大きさの規格があって、左の写真のように3種類は50枚毎に束ねられて、塩漬けをされます。
弊社のお茶は、もとは同じ畑で栽培している、この規格外の葉を利用します。
規格に束ねられた桜の葉は、大きな樽で約10カ月漬けこまれます。このように漬けこまないと飴色になりません。


銘茶の産地でさくら葉茶に加工します

加工されたさくら葉茶は問屋で最終加工を行い・・・ 製品として出荷されるまで冷凍保存されます。

さくら葉茶とさくら花の塩漬けがセットになった
「比都美のさくら茶」

静岡県松崎町のさくら葉100%のお茶の販売をしているのは弊社だけで、。
料亭や日本航空ファーストクラスの食材としても利用されています。

当商品のご購入はこちらから⇒